コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルサ Edouard Goursat

世界大百科事典 第2版の解説

グルサ【Edouard Goursat】

1858‐1936
フランスの数学者。1876年パリのエコール・ノルマル・シュペリウールに入学し,当時,フランス数学の指導的地位にあったC.É.ピカール,C.エルミートなどの影響の下に早くから数学を志し,81年に理学博士を授けられた。1879年パリ大学講師,その後種々の大学の職を歴任し,97年パリ大学の数学解析担当教授となり,定年退官するまでその職にあって,研究はもちろん,教育の面においてもフランスの解析学の発展に大きな影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

グルサ

生年月日:1858年5月21日
フランスの数学者
1936年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

グルサの関連キーワードジョウゼフ・ヘンリ ショートハウスsingle signsingle logロイヤル・チトワン国立公園single logインターネット用語ソーシャルログインシングルサインオンシングルサインインシングルログインショートハウスE. グルサモンゴメリーベリリウムフレシェ生年月日SSO骨窟寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android