平易(読み)へいい

精選版 日本国語大辞典「平易」の解説

へい‐い【平易】

〘名〙 (形動)
① たいらであること。平坦で、障害物などがないこと。また、平穏であること。
※土井本周易抄(1477)一「坦々は平易(へいイ)の㒵ぞ。陰の位にがいて、謙(へつらう)たる程に、礼の道が平かな心ぞ」
② たやすいこと。むずかしくないこと。また、そのさま。容易。
※艸山集(1674)二二・次拾得韻「欲我童蒙、文字要平易
※随筆・文会雑記(1782)二「又老子の文平易なり」 〔史記‐魯周公世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「平易」の解説

へい‐い【平易】

[名・形動]やさしいこと。たやすく理解できること。また、そのさま。「平易な文章」「平易に説明する」
[派生]へいいさ[名]
[類語]簡単易しい平たい容易安易軽易手軽てがる手っ取り早い容易たやすやす造作ぞうさないわけない朝飯前お茶の子さいさい河童かっぱ楽勝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「平易」の解説

【平易】へいい

おだやか。やさしい。軾〔に其の易正直、敢て非常喜ぶべきの論を爲さず。は其の易(か)ふべからざるに在り。

字通「平」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android