コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジャラ族 グルジャラぞくGurjara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルジャラ族
グルジャラぞく
Gurjara

古代インドの種族名。5世紀頃,中央アジアから北西インドに入ってきた部族といわれ,ラージャスターンからグジャラートに広がり,今日のグジャラートの名称はこの部族名から生れた。彼らはいくつかの王朝を建てたが,プラティーハーラ朝が強大となり,8世紀以後北インドの大半を支配し,その後この部族はラージプートの一つに入れられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルジャラぞく【グルジャラ族 Gurjara】

古代インドの種族名。5世紀ごろフン(エフタル)族などとともに中央アジア方面から西インドに入って定着し,インド化したとみられているが,この外来説に反対し土着説を唱える史家も多い。6世紀中ごろから有力となり,クシャトリヤ(ラージプート)と称して西インド各地に数王国を建設した。この種族に属し8世紀前半マールワー地方に興ったプラティーハーラ朝は,9世紀初めガンガー(ガンジス)川流域に進出してカナウジに遷都し,北インドに大王国を建設した(11世紀初めまで続く)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone