グルジャラ族(読み)グルジャラぞく(英語表記)Gurjara

  • グルジャラ族 Gurjara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代インドの種族名。5世紀頃,中央アジアから北西インドに入ってきた部族といわれ,ラージャスターンからグジャラートに広がり,今日のグジャラートの名称はこの部族名から生れた。彼らはいくつかの王朝を建てたが,プラティーハーラ朝が強大となり,8世紀以後北インドの大半を支配し,その後この部族はラージプートの一つに入れられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

古代インドの種族名。5世紀ごろフン(エフタル)族などとともに中央アジア方面から西インドに入って定着し,インド化したとみられているが,この外来説に反対し土着説を唱える史家も多い。6世紀中ごろから有力となり,クシャトリヤ(ラージプート)と称して西インド各地に数王国を建設した。この種族に属し8世紀前半マールワー地方に興ったプラティーハーラ朝は,9世紀初めガンガー(ガンジス)川流域に進出してカナウジに遷都し,北インドに大王国を建設した(11世紀初めまで続く)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android