コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルントビー ぐるんとびーNicolai Frederik Grundtvig

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルントビー
ぐるんとびー
Nicolai Frederik Grundtvig
(1783―1872)

デンマークの牧師詩人。ことに賛美歌作者として知られ、そのいくつかは日本でも歌われている。ドイツ・ロマン派の影響を受けた汎神論(はんしんろん)的信仰から国教会の改革に努め、また北欧神話の紹介やイギリスの『ベオウルフ』を本国より先に発見して訳すなど、浪漫(ろうまん)思潮の勃興(ぼっこう)に大きな役割を果たす。また対ドイツ戦に敗れて意気阻喪した国民を励まし、「外で失ったものを内で取り戻す」べく、独自の国民高等学校を創設したことで、今日のデンマークを築いた第一人者といえる。息子のスウェンも父の影響で民話採集に力をそそぎ、民話研究家として有名。[山室 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グルントビーの関連キーワードヘンリク ポントピダンデンマーク文学グルントビィグポントピダンデンマーク北欧文学山室

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android