グレコローマンスタイル(英語表記)Greco-Roman style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレコローマンスタイル
Greco-Roman style

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け継がれたもので,古典型レスリングともいう。立技 (たちわざ) に背負い投げ,胸投げなどがあり,寝技も用いる。相手のユニフォームやベルトをつかむことは禁じられている。男子のみの種目で,女子種目はフリースタイルのみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

グレコローマンスタイル【Greco-Roman style】

レスリングで、腰から下を使わずに、上半身だけで闘う種目。グレコ-ローマン。 → フリー-スタイル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グレコローマン‐スタイル

〘名〙 (Greco-Roman style) レスリングの試合方法の一つ。相手の腰から下に手をかけたり、足をからませたりしないで上半身だけで闘う。グレコローマン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレコローマンスタイルの関連情報