コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス・タウマツルグス Gregorius Thaumaturgus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス・タウマツルグス
Gregorius Thaumaturgus

[生]213頃.ネオカエサレア
[没]270頃.ネオカエサレア
聖人。オリゲネスによってキリスト教に改宗,240年頃生地の司教となり,多くの奇跡を行なったと伝えられる。アンチオキアの第1回教会会議で活躍,サモサタのパウロの異端を断罪した。タウマツルグスとは「奇跡を行う者」の意。祝日 11月 17日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グレゴリウス・タウマツルグスの関連キーワードビッグ・ショー新書ブームKindle Touch小松基地騒音公害訴訟一人親世帯再診料世界遺産日光の社寺天竜川とダム二次医療圏別の医師数老いる東京

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android