コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケチュア語 ケチュアご

大辞林 第三版の解説

ケチュアご【ケチュア語】

ラテンアメリカ-インディアン語ケチュマラ大語族に属する言語。コロンビア南部・ペルー・エクアドル・ボリビア・アルゼンチン・チリに分布する。かつてのインカ帝国の言語。さらに一〇以上の小言語に分けられる。放出音をもつ。ケチュア語族。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケチュア語【ケチュアご】

南米中央アンデスで話されるアメリカ・インディアン諸語の一つ。南米最大のインディアン語で,エクアドルでは100万人,ペルーでは約500万人,アルゼンチンでは85万人,ボリビアでは人口の4割に近い278万人が用いる。
→関連項目アルゲダスインカグアラニー語ペルーペルー革命

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のケチュア語の言及

【アメリカ・インディアン】より

…南部では,チアパスやユカタン地方,グアテマラ高地のマヤ系諸民族が,小さな地方的まとまりを固くして,伝統的文化を残している。
[中央アンデス]
 アンデス文明を担った人びとは,多くの民族に分かれていたが,インカ帝国の統一政策の結果,ケチュア語を採用し,土着の言語をほとんど失った。スペインの植民地支配のもとで,人口減少や混血が生じ,今日では,大部分のインディオはペルーの中部以南とボリビアの高地に住んでいる。…

【ケチュア】より

…ペルーとボリビアを中心に,南アメリカのアンデス地方に居住し,ケチュア語を話す人びと。インカ帝国の公用語として普及したケチュア語は,現在,少なくとも300万人に話されている。…

【ペルー】より

…正式名称=ペル-共和国República del Perú面積=128万5216km2人口=(1996)=2394万人首都=リマLima(日本との時差=-14時間)主要言語=スペイン語,ケチュア語通貨=ソルSol南アメリカ大陸西岸の中央部に位置する共和国。かつてのインカ文明の中心であり,16世紀のスペイン人による征服後は,副王制下にあった南アメリカのスペイン植民地支配の中心でもあった。…

※「ケチュア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケチュア語の関連キーワードアメリカインディアン諸語アレキーパ市歴史地区プーナ・デ・アタカマJ.M. アルゲダスボリビアの要覧ラテンアメリカクントゥルワシサンポーニャグランチャコケチュア語族ペルーの要覧12角の石アヤワスカプカプカラインカ帝国クスコ市街ケチュア族ヤナコナマテチャコトシュ

ケチュア語の関連情報