ケッセルリンク(英語表記)Kesselring, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケッセルリンク
Kesselring, Albert

[生]1885.11.30. バイエルン,マルクトシュテット
[没]1960.7.16. バートナウハイム
ドイツの陸軍軍人。第2次世界大戦勃発に際して,1939~40年空軍参謀長としてポーランド,西部戦線で航空隊を指揮。 40年元帥。 41年ソ連侵攻に参加。その後南部軍総司令官として E.ロンメル元帥とともにアフリカにおける戦闘を指揮した。 43年連合軍がシチリア島から南イタリアに上陸した際,頑強な抵抗を指揮し,戦線を1年間維持した。最後までヒトラーの信頼が厚く,45年3月に罷免された K.ルントシュテット元帥のあとをうけて,西部軍総司令官となった。戦後戦犯として終身刑となったが,52年に釈放。主著"Gedanken zum Zweiten Weltkrieg" (1955) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android