コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケネリー ケネリーKennelly, Arthur Edwin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケネリー
Kennelly, Arthur Edwin

[生]1861.12.17. コーラバ
[没]1939.6.18. ボストン
インド生れのイギリス人で後にアメリカに帰化した電気技師。ロンドンで電気技師として海底電線布設事業などに従事したのち,26歳のときアメリカに渡り,エジソンの助手となり (1887) ,その後ハーバード大学教授。交流回路分析に複素数理論を応用し,電気学の発展に貢献したほか,1902年に大気上空中の電離層が電磁波を反射することを O.ヘビサイドとは独立して発見した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ケネリー

米国の電気技術者。インドのボンベイ(ムンバイ)に生まれ,英国で電信関係の研究をした後,1887年渡米してエジソンの助手になり,1902年ハーバード大学教授。同年ヘビサイドとは別に独自に電離層(ケネリー・ヘビサイド層)を発見。
→関連項目アップルトン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケネリー【Arthur Edwin Kennelly】

1861‐1939
電気工学者で,通信伝送,交流理論を研究した。インドのボンベイに生まれ,ヨーロッパ各地で学んだ。14歳のときにイギリス電信技術者協会Society of Telegraph Engineers(現,イギリス電気学会Institution of Electrical Engineers)の書記補となり,次いで電信技術者として働いた。1887年にアメリカに移り,エジソンの助手をつとめた。1906年にアメリカに帰化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のケネリーの言及

【電離圏】より

…しばしば慣例により電離層の語を電離圏と同義に用いることがある。 電離層の存在が示唆されたのは,1902年ケネリーA.E.KennellyとヘビサイドO.Heavisideによってである。1901年G.マルコーニが大西洋を隔てて無線電信用の電波を受信することに成功したことが契機となり,そのときの電波の伝わり方を説明するため,彼らは地球の上層大気中に電波を反射する電気伝導層,すなわち電離層が太陽の紫外線により生成されているという説を立てた。…

※「ケネリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケネリーの関連キーワードアーサー・エドウィン ケネリーケネリー=ヘビサイド層アイルランド文学12月17日電離圏電流E層

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケネリーの関連情報