ケベック会談(読み)ケベックかいだん(英語表記)Québec Conferences

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケベック会談
ケベックかいだん
Québec Conferences

1943,44年の2回,カナダケベックにおいてアメリカの F.ルーズベルト大統領とイギリスの W.チャーチル首相との間で開かれた第2次世界大戦の戦争指導最高会議。 43年8月 11~24日開催の第1次会談では,ノルマンディー上陸作戦計画が立てられ,連合軍の東南アジア司令部の設置が決定された。 44年9月 11~16日開催の第2次会談では,モーゲンソー計画が討議されたが,これは実現しなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケベック会談【ケベックかいだん】

第2次大戦中,ケベックで英米両国首脳と連合参謀本部により行われた会談。第1回は1943年8月。大陸反攻作戦,日本本土爆撃計画を決定。第2回は1944年9月。戦後ドイツの処理政策,原爆の対日戦使用を決定。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケベック会談
けべっくかいだん

第二次世界大戦下、1943年8月14~24日(第一次)と44年9月11~16日(第二次)の2回にわたって、カナダのケベックQubecで開かれたルーズベルトとチャーチルの米英首脳会談。第一次会談は、目前に迫ったイタリアの降伏問題と米英合同参謀部が作成した北フランス上陸作戦(オーバーロード作戦)の協議がおもな議題であった。しかし会談の背景には、ソ連軍の反攻開始、ドイツ軍の敗退という情勢のなかで、この直後に開かれたモスクワ三国外相会談、テヘラン首脳会談に臨む米英側の意見調整という意味があった。第二次会談は、米英ソ3国のドイツおよび大ベルリン占領地区の合意と戦後ドイツの処理問題がおもな議題であった。席上、戦後のドイツを農業国とするモーゲンソー(アメリカ財務長官)計画が提案された。同計画は詳細に検討することで持ち越されたが、やがて戦後冷戦の発展とともに立ち消えとなった。[藤村瞬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android