ケルパーシャフト(英語表記)Körperschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルパーシャフト
Körperschaft

社団。一定の目的のために結合した集団で,個々の成員をこえ,成員とは独立の存在となっているもの。ゲノッセンシャフトと対比的に用いられる概念。団体と成員はおのおの独立の存在で,団体の目的以外の領域で成員が団体に拘束されることはなく,団体の意思も多数決で決められる。西ヨーロッパでは,中世後期から都市のギルドやツンフト,さらにまた都市共同体をはじめ多くの団体が,ゲノッセンシャフトからケルパーシャフトに性格を変えていったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android