ケルパーシャフト(英語表記)Körperschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社団。一定の目的のために結合した集団で,個々の成員をこえ,成員とは独立の存在となっているもの。ゲノッセンシャフトと対比的に用いられる概念。団体と成員はおのおの独立の存在で,団体の目的以外の領域で成員が団体に拘束されることはなく,団体の意思多数決で決められる。西ヨーロッパでは,中世後期から都市のギルドツンフト,さらにまた都市共同体をはじめ多くの団体が,ゲノッセンシャフトからケルパーシャフトに性格を変えていったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android