コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケロアック ケロアック Kerouac, Jack

2件 の用語解説(ケロアックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケロアック
ケロアック
Kerouac, Jack

[生]1922.3.12. マサチューセッツ,ローウェル
[没]1969.10.21. フロリダ,セントピーターズバーグ
アメリカの小説家,詩人。「ビートジェネレーション」の代表的な作家で,自伝的色彩の濃い作品が多い。フランスカナダ人の子に生れ,コロンビア大学中退。第2次世界大戦中,神経症のため海軍を除隊になり商船に乗組む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケロアック
けろあっく
Jack Kerouac
(1922―1969)

第二次世界大戦後の「ビート世代(ビート・ジェネレーション)」を代表するアメリカの作家。マサチューセッツ州出身。コロンビア大学中退後、第二次大戦中は商船の乗組員、戦後は鉄道員などをして各地を放浪。やがて、戦争、物質文明、虚飾の文化などに反逆する若い世代のバイブルともいわれた『路上』(1957)を発表。続く『達磨(だるま)の放浪者』(1958)は、禅、俳句、托鉢(たくはつ)の精神によって至福beatitudeの世界を求めるビート派の行脚(あんぎゃ)物語。ほかに、上記2作品と同じく自伝的要素の濃い処女作『町と都会』(1950)、ビート作家と黒人少女の恋を描く『地下街の人びと』(1958)、詩集『メキシコシティ・ブルース』(1959)など。ケロアックは、原稿の書き直しは本来自然の魂の表現を損なうとして、「自然発露的散文(スポンテーニアス・プローズ)」を提唱したが、晩年、飲酒癖が高ずるにつれ、もともと未整理な文体や構成はさらに混沌(こんとん)としたものになった。47歳で脳出血のため死亡。[小原広忠]
『ジョン・タイテル著、大橋健三郎・村山淳彦訳『ビート世代の人生と文学』(1978・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケロアックの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone