コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンタール ケンタール Quental, Antero Tarquínio de

2件 の用語解説(ケンタールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンタール
ケンタール
Quental, Antero Tarquínio de

[生]1842.4.18. アゾレス諸島ポンタデルガダ
[没]1891.9.11. アゾレス諸島,ポンタデルガダ
ポルトガルの詩人。 1864年コインブラ大学法学部で学位を取り,新しい文学運動を推進。 65年に『近代詩集』 Odes Modernasを出版。ポルトガル文学リアリズムさきがけであるコインブラ文学運動を起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンタール
けんたーる
Antero de Quental
(1842―1891)

ポルトガルの詩人。哲学の発達をみなかったポルトガルにおける哲学詩人として、ユニークな存在であったが、厭世(えんせい)自殺をした。カモンイスに次ぐ大詩人で、写実主義を導入した功労者。代表作に『近代詩集』(1865)、『ロマン的な春』(1872)、『ソネット全集』(1886)などがある。[濱口乃二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンタールの関連キーワードアゾレス高気圧アゾレス諸島チャゴス諸島ポンタデルガダマルケサス諸島アングラドエロイズモバレンシアオレンジアソーレス諸島カオ・フィラ・デ・サン・ミヘルアゾレス[諸島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone