コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープブリトン島 ケープブリトンとうCape Breton Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケープブリトン島
ケープブリトンとう
Cape Breton Island

カナダノバスコシア州北東端にある島。南北の長さ 177km。本土とはカンソ海峡で隔てられる。東海岸にはブリトン岬があり,1497~98年,ジョバンニ・カボートが初めて訪れた。南部は丘陵,北部はほぼ標高 300mの台地で,ケープブリトン高地国立公園がある。中央部に氷河湖のブラドール湖がある。フランス植民地当時はロアイヤル島と呼ばれた。石炭,製材,農漁業,観光が主産業。人口は北東海岸のシドニーグレースベイ付近に集中する。1955年以来,本土とは道路と鉄道で直接結ばれている。面積 1万311km2。人口 12万98 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケープブリトン島の関連キーワードシドニーマインズカボート(父)カボット海峡ルイスバーグ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android