コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープブリトン島 ケープブリトンとうCape Breton Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケープブリトン島
ケープブリトンとう
Cape Breton Island

カナダノバスコシア州北東端にある島。南北の長さ 177km。本土とはカンソ海峡で隔てられる。東海岸にはブリトン岬があり,1497~98年,ジョバンニ・カボートが初めて訪れた。南部は丘陵,北部はほぼ標高 300mの台地で,ケープブリトン高地国立公園がある。中央部に氷河湖のブラドール湖がある。フランス植民地当時はロアイヤル島と呼ばれた。石炭,製材,農漁業,観光が主産業。人口は北東海岸のシドニーグレースベイ付近に集中する。1955年以来,本土とは道路と鉄道で直接結ばれている。面積 1万311km2。人口 12万98 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone