コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルギオス・シンケロス Geōrgios Synkellos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルギオス・シンケロス
Geōrgios Synkellos

[生]?
[没]810頃
ビザンチンの歴史家。長くパレスチナに住んだあと,首都のコンスタンチノープルの総主教タラシオスの秘書となり,その死後修道院に入った。天地創造からディオクレチアヌス帝 (在位 284) までの『年代記』 Eklogē chronographiasを著わしたが,その継続は年代記『テオファネス・コンチヌアツス』に引継がれた。おもな出典は旧・新約聖書,エウセビオス,パノドロスらであるが,その目的は聖書の内容と年代記を一致させることにあり,概して年表式年代記の観を呈している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲオルギオス・シンケロスの関連キーワードテオファネス・ホ・ホモロゲテスコンスタンチノープル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android