コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱く/懐く イダク

デジタル大辞泉の解説

いだ・く【抱く/懐く】

[動カ五(四)]
腕でかかえ持つ。だく。「ひしと―・く」「母親の胸に―・かれる」
かかえるように包み込む。「村々を―・く山塊」「大自然の懐に―・かれる」
ある考えや感情をもつ。「疑問を―・く」「青年よ大志を―・け」
しっかり守る。擁護する。
「任那(みまな)を―・き守ること、おこたることなきなり」〈欽明紀〉
[可能]いだける
抱(かか)える[用法]

うだ・く【抱く/懐く】

[動カ四]腕にかかえる。いだく。だく。
「身をたをやかになして、鞠を―・き侍るべし」〈撰集抄・八〉

だ・く【抱く】

[動カ五(四)]《「いだく」の音変化》

㋐腕を回して、しっかりとかかえるように持つ。「子供を―・く」「肩を―・く」
㋑卵をかえすために、鳥が卵の上にしゃがむ。「親鳥が卵を―・く」
男性が女性と共寝をする。同衾(どうきん)する。「男に―・かれる」
人をまきぞえにする。人を罪に陥れる。
「手前(てめえ)も俺も是までだ、手前が―・くか俺が―・くか」〈伎・小袖曽我
抱(かか)える[用法]
[可能]だける

む‐だ・く【抱く】

[動カ四]《「身(む)綰(た)く」の意か。「綰く」は手を使ってある動作をする意》だく。いだく。
「上野(かみつけの)安蘇(あそ)のま麻群(そむら)かき―・き寝(ぬ)れど飽かぬをあどか我(あ)がせむ」〈・三四〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だく【抱く】

( 動五[四] )
〔「うだく」 「いだく」の転〕
両腕を回して物を中にかかえこむ。 「赤ん坊を-・く」 「恋人の肩を-・く」 「二人して-・く計なる檜木の柱を/太平記 38
男が女と肉体関係を持つ。
仲間に引き入れる。 「手前が-・くか俺が-・くか/歌舞伎・小袖曽我」
[可能] だける

むだく【抱く】

( 動四 )
いだく。だく。 「上野かみつけの安蘇のま麻むらかき-・き/万葉集 3404

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抱く/懐くの関連キーワードbrother complexsister complex抱き留める・抱留めるコーポレートイメージ恨み骨髄に徹すサイト好感度不審を抱く修羅の妄執後ろ抱きひん抱く抱っこ紐思ひ疑ふ惚れ込む優越感抱合う悪感情縦抱き親近感敵愾心ヘイト

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android