抱く(読み)ダク

デジタル大辞泉「抱く」の解説

だ・く【抱く】

[動カ五(四)]《「いだく」の音変化》

を回して、しっかりとかかえるように持つ。「子供を―・く」「肩を―・く」
㋑卵をかえすために、鳥が卵の上にしゃがむ。「親鳥が卵を―・く」
男性が女性と共寝をする。同衾どうきんする。「男に―・かれる」
人をまきぞえにする。人を罪に陥れる。
手前てめえも俺も是までだ、手前が―・くか俺が―・くか」〈伎・小袖曽我
かかえる[用法]
[可能]だける
[類語](1抱えるいだ抱きかかえる抱きしめる抱き合う抱き付く抱きすくめる抱き上げる抱き起こす抱き下ろす抱き寄せる抱き取る抱き留める抱き込む抱え込む抱っこ抱合抱擁/(2性交交合情交セックスファックエッチ交接交尾性行為房事同衾共寝夜伽性交渉性生活夫婦生活合歓関係寝る枕をわす夜の営み

いだ・く【抱く/懐く】

[動カ五(四)]
腕でかかえ持つ。だく。「ひしと―・く」「母親の胸に―・かれる」
かかえるように包み込む。「村々を―・く山塊」「大自然のに―・かれる」
ある考えや感情をもつ。「疑問を―・く」「青年よ大志を―・け」
しっかり守る。擁護する。
任那みまなを―・き守ること、おこたることなきなり」〈欽明紀〉
[可能]いだける
かかえる[用法]
[類語]抱える抱きかかえる抱きしめる抱き合う抱擁抱き付く抱きすくめる抱き上げる抱き起こす抱き下ろす抱き寄せる抱き取る抱き留める抱き込む抱え込む抱っこ抱合/(3覚える感じる感ずる催す持つ

む‐だ・く【抱く】

[動カ四]《「く」の意か。「綰く」は手を使ってある動作をする意》だく。いだく。
上野かみつけの安蘇あそのま麻群そむらかき―・きれど飽かぬをあどかがせむ」〈・三四〇四〉

うだ・く【抱く/懐く】

[動カ四]腕にかかえる。いだく。だく。
「身をたをやかになして、鞠を―・き侍るべし」〈撰集抄・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android