コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱く/懐く イダク

6件 の用語解説(抱く/懐くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いだ・く【抱く/懐く】

[動カ五(四)]
腕でかかえ持つ。だく。「ひしと―・く」「母親の胸に―・かれる」
かかえるように包み込む。「村々を―・く山塊」「大自然の懐に―・かれる」
ある考えや感情をもつ。「疑問を―・く」「青年よ大志を―・け」
しっかり守る。擁護する。
「任那(みまな)を―・き守ること、おこたることなきなり」〈欽明紀〉
[可能]いだける
抱(かか)える[用法]

うだ・く【抱く/懐く】

[動カ四]腕にかかえる。いだく。だく。
「身をたをやかになして、鞠を―・き侍るべし」〈撰集抄・八〉

だ・く【抱く】

[動カ五(四)]《「いだく」の音変化》

㋐腕を回して、しっかりとかかえるように持つ。「子供を―・く」「肩を―・く」
㋑卵をかえすために、鳥が卵の上にしゃがむ。「親鳥が卵を―・く」
男性が女性と共寝をする。同衾(どうきん)する。「男に―・かれる」
人をまきぞえにする。人を罪に陥れる。
「手前(てめえ)も俺も是までだ、手前が―・くか俺が―・くか」〈伎・小袖曽我
抱(かか)える[用法]
[可能]だける

む‐だ・く【抱く】

[動カ四]《「身(む)綰(た)く」の意か。「綰く」は手を使ってある動作をする意》だく。いだく。
「上野(かみつけの)安蘇(あそ)のま麻群(そむら)かき―・き寝(ぬ)れど飽かぬをあどか我(あ)がせむ」〈・三四〇四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だく【抱く】

( 動五[四] )
〔「うだく」 「いだく」の転〕
両腕を回して物を中にかかえこむ。 「赤ん坊を-・く」 「恋人の肩を-・く」 「二人して-・く計なる檜木の柱を/太平記 38
男が女と肉体関係を持つ。
仲間に引き入れる。 「手前が-・くか俺が-・くか/歌舞伎・小袖曽我」
[可能] だける

むだく【抱く】

( 動四 )
いだく。だく。 「上野かみつけの安蘇のま麻むらかき-・き/万葉集 3404

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抱く/懐くの関連キーワード追っ付く寿く差っ引く突っ突く引っ裂く掻き抱く掻っ捌くしょっぴ・く責っ付くほっつ・く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone