コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルギオス Geōrgios Monachos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルギオス
Geōrgios Monachos

9世紀中頃のビザンチン帝国の歴史家。別称 Hamartolos。生涯については一切伝わっていないが,モナコスの通称が示すように修道士であった。ビザンチン期特有の歴史叙述である年代記の作者として著名 (→ビザンチン文学 ) 。その『年代記抄』 Chronikon Syntomonは天地創造から 842年までを扱い,神学的色彩が強く,また同時に文体や記述方法の点で通俗性がみられる。この『年代記抄』はその後高く評価され,948年までの補遺が加えられたほか,さらに何度か編集し直されている。早くからスラブ語に翻訳され,特にロシア人の年代記編纂に大きな影響を与えたほか,グルジア語にも翻訳されている。

ゲオルギオス
Geōrgios Pisidēs

7世紀前半のビザンチンの詩人。ヘラクリウス帝のもとでコンスタンチノープルのハギア・ソフィア教会の補祭および記録係を長年つとめた。ビザンチン初期において最も声望の高かった詩人で,同時代人はホメロスをも凌駕すると考えていた。ギリシア語の豊富な語彙を駆使し,複雑な韻律を自由にあやつっており,のちにギリシア詩の主流となった十二音節詩の完成者とされている。その詩作は宗教詩と歴史を扱った詩とに大別され,宗教詩には,天地創造を描いて,のちにアルメニア語や古代スラブ語に翻訳された『ヘクサエメロン』 Hexaēmeron,人生のむなしさを歌った『むなしい人生に』 Eis ton mataion bionなどがある。史的素材の詩としては 626年のアバール人のコンスタンチノープル攻撃を描いた『夷狄 (いてき) の侵略に』 Eis tēn genomenēn ephodon tōn barbarōn,およびヘラクリウス帝賛歌が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のゲオルギオスの言及

【暦】より

…アレクサンドリアではパノドロスPanodōrosの前5493年とアンニアノスAnnianosの前5492年の両説があったが,ヒッポリュトス,クレメンスなどの教父は前者を採用し,天地創造の年月日を前5493年3月25日に置いた(のち7世紀より前5508年のビザンティン式に改めた)。ビザンティン式では前5509年と計算するが,のち630年にゲオルギオスGeōrgiosがインディクティオ(後述)と合わせるため,前5508年と改めた(年初は9月1日)。そのほか,ネストリウス派では前5491年,グルジア教会では前5604年とする。…

※「ゲオルギオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲオルギオスの関連キーワードパパンドレウ(Andreas G. Papandreou)トゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)テオファネス・ホ・ホモロゲテスアギオスゲオルギオスのロトンダアテネ・オリンピック競技大会アギオスゲオルギオス教会民主運動党[キプロス]コンスタンティノス1世コンスタンティノス2世ヨアニス メタクサスオリンピック競技大会A. パパンドレウ初期キリスト教美術ガレリウスの凱旋門ギリシア史[近代]モンテ・コルビーノギリシア抵抗運動M. ボナパルトグリュクスボー朝ビザンチン哲学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android