ゲル濾過(読み)げるろか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲル濾過
げるろか

分子量の違いにより物質を分離するのに使われる技法で、ゲルクロマトグラフィー、分子篩(ふるい)濾過ともいう。濾過担体として用いられるゲルには、デキストランゲル、ポリアクリルアミドゲル、寒天、アガロースゲルなどがある。これらのゲルは分子間架橋などにより微細な網目構造を有するため、ガラス管に詰め試料溶液を流し込むと、低分子溶質は網目構造に入り込むが、網目より大きな溶質はそのまま流出する。小分子ほど網目の奥に入りやすく、より大きな分子は入りにくいので、多量の緩衝液を流すと分子量の大きさの順に溶質が溶出してくる。各種サイズの網目構造をもつゲルが市販されており、各種物質の分離精製に欠くことのできない技術である。[嶋田 拓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android