コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーター祭 ゲーターまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーター祭
ゲーターまつり

三重県鳥羽市神島町で,大晦日の晩から元日早朝にかけて行なわれる祭り。大晦日の晩に,宮持ちと呼ばれる年番の神社役の家で,グミの枝を束ねて白紙で巻いた「アワ」と呼ぶ大きな丸い輪をつくり,元日の夜明け前に東の浜に担ぎ出す。先端に御幣をつけた長竹を持った島民たちは,アワを一斉に打ちたたき,竹を挿し込んで高々と突き上げる。高く突き上げるほど豊漁になるといわれるが,やがてアワは地面にたたき落とされて神社に奉納される。にせの太陽をたたき落とすための祭りといわれ,新年を迎えて,古い年を代表する太陽をたたき落とし,新しい太陽と交代させる行事とも解される。この行事に引き続き,「サバ」と呼ばれる円筒形の木製物が投げ入れられ,人々は一年の幸福を求めて奪い合う。夜が明けると,日向の祭と呼ぶ宴が朝日の差す浜で行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲーター祭の関連キーワード三重県鳥羽市神島町タケ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android