コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガタアカイエカ Culex tritaeniorhynchus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガタアカイエカ
Culex tritaeniorhynchus

双翅目科。体長 4.5mm内外。体は暗赤褐色で,腹背節基部の中央部には広い黄白色帯がある。またの中央部に広い白色帯があり,肢の腿節と脛節末端部および 跗節の両端は白い。アカイエカに似るが,より暗色で,吻に白色帯があるので区別できる。日本全土に産し,水田や池などに発生する。日本脳炎の媒介昆虫として重要である。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コガタアカイエカ

双翅(そうし)目カ科の昆虫。イエカの一種。体長4.5mm内外,雄は多少小さい。暗赤褐色。日本全土,朝鮮半島に分布。幼虫(ボウフラ)は水田や池,水たまりなどにすみ,成虫は夏〜秋に発生する。
→関連項目アカイエカイエカカ(蚊)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガタアカイエカ
こがたあかいえか / 小形赤家蚊
[学]Culex tritaeniorhynchus

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科に属する昆虫。日本全土および東南アジア、北アフリカなどに分布し、水田、池沼、水たまりに普通に発生する。日本脳炎を媒介するカとして有名。体長3~4ミリメートル内外の小形種で、体は茶褐色。夜間活動する吸血性のカで、ヒトのほかウシ、ウマ、ブタなどの家畜も刺す。[倉橋 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコガタアカイエカの言及

【イエカ】より

…これらは,世界各地で人やイヌのフィラリア症を媒介している。この群の成虫は外見上目だつ特徴が少ないが,同じイエカ属のコガタアカイエカ(コガタイエカともいう)C.tritaeniorhynchusは,口器や脚に白いバンドが見られる。発生源が水田や沼などで,とくに農山村に多数いる。…

【日本脳炎】より

…日本脳炎は,カなどの節足動物で媒介されるアルボウイルスのBグループに属する日本脳炎ウイルスによって起こる感染症であるが,ヒトからヒトへの直接の感染はない。RNAウイルスで,ヒトへの感染はコガタアカイエカに刺されると起こり,人体に入ったウイルスは脳外で増殖した後に血行を介して脳に至り脳内で増殖して発症する。ヒト以外でもウマ,ブタに感受性が高く,コウモリや鳥類(渡り鳥),カエルなどでも感染する。…

※「コガタアカイエカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コガタアカイエカの関連キーワード吸血動物昆虫学季節病赤家蚊蚊柱家蚊

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コガタアカイエカの関連情報