コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コキナ コキナ coquina

翻訳|coquina

2件 の用語解説(コキナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コキナ
コキナ
coquina

化石の破片を主成分とし,淘汰のよい砕屑性で,あまり硬くない石灰岩。典型的なものは粗粒の貝殻片が,炭酸石灰で弱く膠結された多孔質の石灰岩である。貝などが生息していた場所に集積した化石から成る石灰岩をコキノイド coquinoidといい,化石は大部分完全な形を保っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

コキナ

破片が弱く膠結された貝殻質の石灰岩で,最初に米国フロリダ州で記載された.砂の粒度の貝殻破片からなるものをdesocoquinaといい,ある種のチョーク(chalk)のような細粒の物質でできたものをmicrocoquinaという[Diller : 1898, Bissell & Chilingar : 1967].スペイン語のcoquinaは殻,貝殻のこと.英語のcoquinaはナミノコガイ科の小形の二枚貝で米国東南部沿岸に多産する.これに似た貝の総称.貝殻と珊瑚の破片でできた白味がかった柔らかな石灰岩をいう[ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コキナの関連キーワードカンガ石灰角蛮岩グロコナイト岩バイオリサイトミリオリナ岩コキノイドライムロック腐泥石灰岩ベルソライトレセプター石灰岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コキナの関連情報