コクジャク(英語表記)Polyplectron; peacock-pheasants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクジャク
Polyplectron; peacock-pheasants

キジ目キジ科コクジャク属の鳥の総称。8種からなり,インドから中国南部,インドシナ半島にかけての地域と,インドネシアのスマトラ島ボルネオ島,フィリピンのパラワン島,中国のハイナン(海南)島に分布する。どの種もクジャクマクジャクインドクジャク)を小型にして尾羽をやや短くしたような体形をしていて,雄の羽色が非常に美しい。形態的にみると類縁関係はシャコ類の仲間に近い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクジャク
こくじゃく / 小孔雀
peacock-pheasant

鳥綱キジ目キジ科コクジャク属に含まれる鳥の総称。同属Polyplectronは、シッキム、ミャンマー(ビルマ)、タイ、インドシナ半島、海南島、スマトラ島、ボルネオ島などに分布し、全部で6種いる。インドクジャクやマクジャクよりもずっと小さく、全長は雄が50センチメートル、雌が40センチメートルほどである。全体に褐色系や灰緑色系の羽色をしており、翼と尾にクジャクのような目玉模様がある。温潤な森林内にすみ、地上を歩きながら小動物や植物の種子などを食べる。雄のディスプレーは非常に美しく、胸を広げ、翼と尾を広げて目玉模様を際だたせる。一雄一雌で繁殖すると思われ、巣はほとんどつくらず、地上の落ち葉の上に卵をじかに産み落とす。1腹の卵数は2個で、これはキジ類としては非常に少ない。抱卵は雌が行う。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android