コケイラン(小蕙蘭)(読み)コケイラン(英語表記)Oreorchis patens (Lindl.) Lindl.

世界大百科事典 第2版「コケイラン(小蕙蘭)」の解説

コケイラン【コケイラン(小蕙蘭) Oreorchis patens (Lindl.) Lindl.】

日本全国の落葉広葉樹林に生える地生のラン科植物。蕙はシランまたはガンゼキランの類を指し,それに葉が似て花が小さいところから,この和名がついた。葉がエビネより狭長なので,笹海老根(ささえびね)ともいう。偽球茎があり,高さ1.5~2cm,その上に2または1枚の葉をつける。葉は線状披針形で長さ20~30cm,縦じわが目だつ。花茎は偽球茎の基部より4~6月に側生し,高さ40~60cm,10~30花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android