コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビネ

3件 の用語解説(エビネの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エビネ

ほぼ日本全土の山地の林中にはえるラン科の多年草。葉は越冬性で2〜3枚が数珠状に連なった偽球茎につき,長楕円形で長さ25cm内外。花は春,葉間から出た40cm内外の花茎の上部に十数個つき,緑を帯びた褐色であるが色の変化が多い。
→関連項目ラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エビネ

ラン科エビネCalantheの多年草。多くは地生種。球茎をもち,花の美しい種が多い。アジア中南部,アフリカ南東部,オーストラリア北東部,オセアニアの島々,中米メキシコにかけて約100種が分布し,日本には19種が自生する。これらのうち,園芸上,価値のある種とそれらの雑種は,広義に蝦根(えびね)(または海老根)と呼ばれて,広く観賞用に栽培される。また,熱帯産の種はカランセと呼ばれ,主に冬咲きの落葉種が温室栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビネ
えびね / 海老根・蝦根
[学]Calanthe discolor Lindl.

ラン科の常緑多年草。地下の偽球茎は太く連なる。名はその形をエビに見立てたものである。新茎の先に葉を2、3枚つける。5月に葉間から花茎を出し、多数の花をつける。花は平開し、茶褐色ないし淡緑色、径約2センチメートル、唇弁は白色で3裂し、中裂片はさらに2裂する。長さ5~10ミリメートルの距(きょ)がある。日本全土の低山の林下に生育し、朝鮮、中国に分布する。最近、観賞用に栽培されることが多くなった。また、漢方では解毒、扁桃(へんとう)炎などに偽球茎を煎じて服用する。
 この属は、約100種が熱帯から温帯に分布し、日本には15種が自生する。キエビネC. sieboldii Dcne.は花が黄色で大きい。唇弁の中裂片の先は通常とがる。和歌山県以西の西南日本および中国に分布する。キリシマエビネC. aristolifela Reichb. f.は、花が白から淡紅色であまり開かない。唇弁はやや前方で3裂し、中裂片の先端はとがる。距は細長く、15~18ミリメートル。おもに西南日本に分布する。ニオイエビネC. izu-insularis Ohwi et Satomiは、キリシマエビネに似るが、花が平開し、葉が厚く光沢がある。伊豆七島に生育する。上記の種間の自然交雑種がいくつか報告されている。タカネエビネはエビネとキエビネ、コウズエビネはエビネとニオイエビネの自然交雑種である。このほかに、サルメンエビネ、ナツエビネ、ツルランなどが自生する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エビネの関連キーワード羽蝶蘭寒蘭銀蘭沢蘭駿河蘭海老根鴎蘭蜘蛛蘭小蕙蘭蜻蛉草

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エビネの関連情報