コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コストラーニ コストラーニ Kosztolányi Dezsö

2件 の用語解説(コストラーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コストラーニ
コストラーニ
Kosztolányi Dezsö

[生]1885.3.29. サバトカ
[没]1936.11.3. ブダペスト
ハンガリーの詩人,小説家。雑誌『西洋』の第一世代の一人。教育者を父に,知的雰囲気のなかに育った。ハンガリー・ペンクラブの初代会長。知識人の不安を,斬新な言葉の結合と,きびしい構成で表現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コストラーニ
こすとらーに
Kosztlnyi Dezs
(1885―1936)

ハンガリーの詩人、小説家。リルケらの西欧詩人の影響を受け、印象主義詩人として出発、『貧しい子供のなげき』(1920)など数編の叙情詩集を書き、生涯ニヒリズムの影を宿したが、晩年には人道主義的作風に移った。ペンクラブ初代会長。100編にわたる短編では、ハンガリー語の優れた伝統にフランス的洗練が加わり、鋭い心理の追究がなされている。中編『ひばり』(1919)、『エーデシュ・アンナ』(1926)も有名。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コストラーニの関連キーワードサバト家鳩サバリアさばトラななちゃん月の砂漠をさばさばとガンバとカワウソの冒険さばえ秋HANABI鯖トラサバ(鯖)サバト,E.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone