コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトカ Kotka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトカ
Kotka

フィンランド南東部,キュミ県にある港湾都市。ヘルシンキの東北東約 110km,ロシア国境近くに位置し,キュミ川の河口にある2つの小島,ホビ島とコトカ島 (ワシの意) から成る。フィンランド南部の主要港で,木材の重要な輸出港。工業は製材,製紙,プレハブ建材,セルロース,リン酸肥料製造など。コトカ島は 1790~1800年ロシア人により要塞化されたが,55年イギリス艦隊により砲撃破壊された。キュメンラークソ博物館と市立劇場がある。 1795年に創立されたギリシア正教聖堂はコトカで最も古い建物。人口5万 6524 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトカ
ことか
Kotka

フィンランド南東部、フィンランド湾に臨む工業都市。人口5万4768(2001)。キュミ川河口の小島上に発達したパルプ・製紙工業の中心地。閉鎖されていたサイマー運河が再開された第二次世界大戦後は、広い集材面積をもって発展した。木材、紙の輸出額はフィンランド第2位である。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コトカの関連キーワードトイヴォ・R. ペッカネンハンネレ フオヴィコリヤーク(民族)セルゲイ ルデンコ平田裕一郎エスキモーチュクチヤナギ科コウボラ七瀬りのポプラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android