コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コト・ディジ Kot Diji

1件 の用語解説(コト・ディジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コト・ディジ【Kot Diji】

パキスタン南部,シンド地方ハイルプルの南24kmにある先史遺跡。インダス文明都市期の文化とこれに先立つ文化との地層より成る。1955年以降パキスタン考古局のハーンF.A.Khānが発掘。自然層上に16層あり,上3層がインダス文明,下の13層がコト・ディジ文化と命名された。この文化は1946年にハラッパーの城塞構築以前の地層から検出されたプレ・ハラッパー文化,あるいは近年単独の遺跡として多数発見されている同種の文化とともに,インダス流域においてインダス文明出現の鍵をにぎるものとして重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コト・ディジの関連キーワードカシミールジンナーパキスタンムルタン東パキスタンカンダハル電気スタンドバルチスタンルピーパキスタン大地震

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone