コト・ディジ(英語表記)Kot Diji

世界大百科事典 第2版の解説

コト・ディジ【Kot Diji】

パキスタン南部,シンド地方ハイルプルの南24kmにある先史遺跡インダス文明都市期の文化とこれに先立つ文化との地層より成る。1955年以降パキスタン考古局のハーンF.A.Khān発掘。自然層上に16層あり,上3層がインダス文明,下の13層がコト・ディジ文化と命名された。この文化は1946年にハラッパーの城塞構築以前の地層から検出されたプレ・ハラッパー文化,あるいは近年単独の遺跡として多数発見されている同種の文化とともに,インダス流域においてインダス文明出現のをにぎるものとして重要。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android