コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コト・ディジ Kot Diji

1件 の用語解説(コト・ディジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コト・ディジ【Kot Diji】

パキスタン南部,シンド地方ハイルプルの南24kmにある先史遺跡。インダス文明都市期の文化とこれに先立つ文化との地層より成る。1955年以降パキスタン考古局のハーンF.A.Khānが発掘。自然層上に16層あり,上3層がインダス文明,下の13層がコト・ディジ文化と命名された。この文化は1946年にハラッパーの城塞構築以前の地層から検出されたプレ・ハラッパー文化,あるいは近年単独の遺跡として多数発見されている同種の文化とともに,インダス流域においてインダス文明出現の鍵をにぎるものとして重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone