コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハク酸イミド コハクさんイミドsuccinimide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コハク酸イミド
コハクさんイミド
succinimide

化学式 (CH2CO)2NH 。スクシンイミドともいう。融点 126℃の結晶。無水コハク酸アンモニアを作用させてつくる。イミド基の水素は金属原子と置換され,これがハロゲン化アルキルと反応するので合成原料として用いられる。亜鉛粉末と蒸留すればピロールとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コハク酸イミドの関連キーワード無水コハク酸(無水琥珀酸)酸イミド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android