コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コピーレフト コピーレフト

4件 の用語解説(コピーレフトの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コピーレフト

ソフトウェアと共にソースコードを公開する場合に設定される権利条件のこと。コピーレフトのソフトウェアは、自由に改変や複製、再配布などができるが、再配布する場合も、同様にコピーレフトであることが条件になる。Free Software Foundationで提唱され、後にGNUによって規定がまとめられた。コピーライトが著作権の保護を目的としているのに対し、コピーレフトは、「コンピューターで使うソフトウェアは無償で広く普及させるべき」というGNUの思想や文化の発展に寄与しようという理念を目的としている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コピーレフト(copyleft)

公開されたソフトウエアなどについて、利用・再配布・改変の自由を認める思想。さらにその派生物についても、著作権を保持したまま、同等の自由が守られなければならないとする。コピーライトに対する考え方として、GNUプロジェクトを推進する米国のプログラマーリチャードストールマンによって提唱された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

コピーレフト【copyleft】

ソフトウェアの著作権に関する考え方のひとつ。改変や修正を受けて再配布されるフリーソフトウェアにはさらに改変・再配布の自由を認めるというもの。1984年、フリーソフトウェア財団の設立者であるリチャード・ストールマンが提唱。ソフトウェアを無償で広く普及させることを目的とするGNUの基本思想として知られる。◇著作権の意の「copyright」からの造語。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

コピーレフト

著作権者が著作物の自由な利用,複製,改変を認め,さらにその派生物の再配布についても制限のない利用を守るよう求める権利のこと,またはその推進運動.実際には,コンピュータソフトウェアを対象にしており,コピーレフトの例にはオープンソースやフリーソフトウェアがある.1982年にストールマン(Richard M. Stallman 1953- )が提唱した,ソフトウェアは無償で広く普及すべきであるという考え方に拠っている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コピーレフトの関連情報