コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプリフシティツァ コプリフシティツァKoprivshtitsa

1件 の用語解説(コプリフシティツァの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプリフシティツァ
Koprivshtitsa

ブルガリア西部,ソフィア州の町。ソフィアの東方約 100km,スレドナゴラ山脈中に位置する。産物は木材,木製品,絨毯など。 14世紀以来の集落であるが,反オスマン帝国解放運動の口火となった 1876年4月 20日の「4月蜂起」の舞台として有名。カラベロフ,ベンコフスキ,ゲロフ,カブレシコフ,デベリャノフら多くの進歩的な学者や文人を生んだ。 19世紀中葉のいわゆる「復興期」様式の民家が多数保存公開され,1952年以来史跡景観保存都市に指定されている。毎年8月上旬民謡フェスティバルが開催され,全国から民謡愛好者が集る。人口 3536 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone