コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペー François Coppée

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コペー
こぺー
Franois Coppe
(1842―1908)

フランスの詩人、劇作家、小説家。パリの生まれ。高踏派詩人として出発。第一詩集『聖遺物匣(ばこ)』(1866)を発表後、サラ・ベルナールが演じた1幕の詩劇『行人(こうじん)』(1869)によって劇界に確固たる地位を占める。民衆派詩人として詩集『貧しい人たち』(1872)などを残し、散文作家としては『散文短編集』(1882)その他がある。[窪田般彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コペーの関連キーワードハイド:ファンタスティックなスケルツォ/piano soloラベル(Joseph Maurice Ravel)パークス(Van Dyke Parks)ラグタイム [ragtime]レオナルド・ダ・ビンチ(年譜)ブルース(ポピュラー音楽)チャールストン(ダンス)セシル・X. スコットスコット・ジョプリンダーシー バッセルシンコペーションチャールダーシュゴスペル・ソングチャルダーシュチャールストンスタール夫人サパテアド長尾 正士アクセントラグタイム

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android