コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマナ[カッパドキア] Comana(Komana) of Cappadocia(Kappadokia)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマナ[カッパドキア]
Comana(Komana) of Cappadocia(Kappadokia)

小アジア,カッパドキアの古代都市。現トルコのサール。サルス川上流に位置し,月女神崇拝に由来するアルテミス・タウロポリスの乱飲乱舞の神殿祭儀で有名。王家の一員である大祭司によって支配されていた。カラカラ帝 (在位 198~211〈共治〉,211~217) の時代にローマの植民市 (コロニア ) となり,キリスト教が公認されるまで祭儀は続いた。ローマ東部国境にいたる軍用道路中継地としても重要であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コマナ[カッパドキア]の関連キーワード小アジア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android