コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマナ[カッパドキア] コマナ[カッパドキア]Comana(Komana) of Cappadocia(Kappadokia)

1件 の用語解説(コマナ[カッパドキア]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマナ[カッパドキア]
Comana(Komana) of Cappadocia(Kappadokia)

小アジア,カッパドキア古代都市。現トルコのサールサルス川上流に位置し,月女神崇拝に由来するアルテミス・タウロポリスの乱飲乱舞の神殿祭儀で有名。王家の一員である大祭司によって支配されていた。カラカラ帝 (在位 198~211〈共治〉,211~217) の時代にローマの植民市 (コロニア ) となり,キリスト教が公認されるまで祭儀は続いた。ローマ東部国境にいたる軍用道路中継地としても重要であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone