コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマ劇場 コマげきじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマ劇場
コマげきじょう

小林一三によって,1956年,大阪梅田と東京新宿歌舞伎町に建設された劇場。こまのように回る3個の回り舞台から成る3重の舞台面を,半円形客席の中へ張出してある。無線マイクロホンが使用され,録音された効果音,音楽伴奏などは,特殊装置によって完全に近い立体音響に再生されるよう設計された。新宿コマ劇場は客席数 2321。梅田コマ劇場は 92年9月公演を最後に閉場し,同年 11月に北区茶屋町に誕生した「ちゃやまちアプローズ」に移転,劇場名も「飛天」と改称。プロセニアム形式で3層の客席は定員 1913。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマ劇場
こまげきじょう

劇場名。東宝の創始者小林一三(いちぞう)の発案で、1956年(昭和31)に大阪・梅田と東京・新宿に建設された。コマのように回る舞台をつくり、半円形に客席に張り出した新機軸を備えた設計で、従来の額縁舞台と違い客席と親密感があり、ショーや新しい芸能形態にふさわしい劇場として建設された。梅田コマ劇場は2階建て、新宿コマ劇場はワンフロアで、客席は舞台を中心に傾斜式に延び、客席数は梅田が2095、新宿が2321。株式会社コマ・スタジアムの経営。小林構想では、この劇場にふさわしい新しいスタイルの演劇、ショーを創造する目標があったようだが、現実にはコマ歌舞伎(かぶき)、コマ喜劇、歌手公演といった従来の演劇ジャンルにとどまっている。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コマ劇場の関連キーワード新宿(しんじゅく)コマ・スタジアム梅田芸術劇場里見☆しのぶ大和なでしこ林家 珍平真砂京之介國行しげ美園 佳也子小林 一三美幸ちひろ三浦 洋一田水かづみ阿部裕見子山村紅葉宮本侑芽鈴木正幸由利 徹渥美二郎藤吉みか

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマ劇場の関連情報