コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマ劇場 コマげきじょう

2件 の用語解説(コマ劇場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマ劇場
コマげきじょう

小林一三によって,1956年,大阪梅田と東京新宿歌舞伎町に建設された劇場。こまのように回る3個の回り舞台から成る3重の舞台面を,半円形に客席の中へ張出してある。無線マイクロホンが使用され,録音された効果音,音楽伴奏などは,特殊装置によって完全に近い立体音響に再生されるよう設計された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマ劇場
こまげきじょう

劇場名。東宝の創始者小林一三(いちぞう)の発案で、1956年(昭和31)に大阪・梅田と東京・新宿に建設された。コマのように回る舞台をつくり、半円形に客席に張り出した新機軸を備えた設計で、従来の額縁舞台と違い客席と親密感があり、ショーや新しい芸能形態にふさわしい劇場として建設された。梅田コマ劇場は2階建て、新宿コマ劇場はワンフロアで、客席は舞台を中心に傾斜式に延び、客席数は梅田が2095、新宿が2321。株式会社コマ・スタジアムの経営。小林構想では、この劇場にふさわしい新しいスタイルの演劇、ショーを創造する目標があったようだが、現実にはコマ歌舞伎(かぶき)、コマ喜劇、歌手公演といった従来の演劇ジャンルにとどまっている。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コマ劇場の関連キーワード小林一三逸翁美術館小林大阪梅田 お好み焼本舗小林一句小林一三記念館宝塚[市]小林一茶(1763~1827)大阪・梅田の再開発《小林一茶》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コマ劇場の関連情報