コモチマンネングサ(読み)こもちまんねんぐさ

  • Sedum bulbiferum Makino
  • こもちまんねんぐさ / 子持万年草

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンケイソウ科(APG分類:ベンケイソウ科)の越年草。茎は高さ20~60センチメートル、葉は小さなさじ形で長さ1~1.5センチメートルあり、互生する。5、6月、茎頂に5数性の花を多数開く。花は径約1センチメートル、花弁は黄色。日本では普通は結実しない。花期後、葉腋(ようえき)に2または4対の小形の葉からなるむかごができる。茎はむかごが落下する梅雨期に枯れる。むかごは地上に活着後、ほぼそのままの状態で年を越し、翌年の早春になって急速に成長を開始する。本州、四国、九州および朝鮮半島、中国に分布する。

[大場秀章 2020年3月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコモチマンネングサの言及

【マンネングサ(万年草)】より

…葉が対生する種にはマルバマンネングサS.makinoi Maxim.がある。葉が互生の種群には,高山や亜高山に生え,小型で,茎葉が赤紫色に染まり,葉は線状円柱形で,葉幅2mm以下のミヤママンネングサS.senanense Makino(染色体数2n=18),海岸岩上に生え,葉は卵形で長さ7mm以下,葉幅2~3.5mmのタイトゴメS.oryzifolium Makino(染色体数2n=20),平地の人家近くの岩場や石垣に生え,冬季には茎葉が赤くなり,葉が線状円柱形で長さ6~18mm,幅2~3.3mmのメノマンネングサS.japonicum Sieb.(染色体数2n=29,38,48),渓流の岩上に生え,葉がさじ形のヒメレンゲS.subtile Miq.,越冬一年草で,道路やあぜ道などに見られ,葉腋(ようえき)に不定芽をつくり繁殖するコモチマンネングサS.bulbiferum Makinoなどがある。これらは日本産の代表種である。…

※「コモチマンネングサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android