コモンキャリア(読み)こもんきゃりあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コモンキャリア

公衆電気通信サービスを提供する業者のこと。コモンキャリアには、公衆回線とその利用施設を持った第一種電気通信事業者と、第一種電気通信事業者からそれらの設備を借りてサービスを提供する第二種電気通信事業者に分けられる。代表的な企業には、NTTやKDDI、日本テレコムなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コモンキャリア【common carrier】

一般公衆を対象として合理的な料金でサービスを提供する一般通信・運輸業者。特定の顧客との契約によりサービスを提供するコントラクトキャリアに対していう。 CC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモンキャリア
common carrier

自前で通信設備を所有する電気通信事業者。電気通信事業法で区分されていた旧第一種電気通信事業者(2004区分廃止)にあたる。以前は日本電信電話 NTTと国際電信電話 KDD(今日の KDDI。→ケイディディ)の 2社にかぎられていたが,1985年の電気通信の自由化後,日本テレコム(今日のソフトバンク〈→ソフトバンクグループ〉)などが新たに電気通信事業に参入した。そのほか電力会社や鉄道会社が出資する通信事業者,ケーブルテレビ事業者などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android