コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロリョフ Korolëv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロリョフ
Korolëv

ロシア西部,モスクワ州の都市。旧名カリーニングラード Kaliningrad。モスクワ衛星都市で,北東郊の森林公園地帯にある。1928年以降,兵器産業などの工業都市として,また首都のベッドタウンとして発展。1938年にカリーニングラード市となった。1996年,ロケット工学者セルゲイ・コロリョフを記念して現市名に改称。絹などの織物で知られたが,第2次世界大戦以降,ソビエト連邦,ロシアの宇宙開発において主要な研究機関が設立された。先端技術や科学関連工業が経済を支えている。公園や博物館が多く,詩人マリーナ・ツベターエワの旧邸も博物館として残されている。人口 18万3452(2010)。

コロリョフ
Korolëv, Sergei Pavlovich

[生]1906.12.30. ジトーミア
[没]1966.1.14. モスクワ
ソ連のロケット工学者。オデッサ建築学校を卒業 (1924) 後,キエフ工科大学,モスクワ高等工科大学 (26) の A.ツポレフらのもとで航空工学を学ぶ。航空機設計の仕事をしているうち次第にロケットに関心をもち,モスクワ反作用力研究グループを組織,1933年にはソ連初の液体燃料ロケット打上げに成功。第2次世界大戦後はドイツのV-2ロケットの改良を手がけ,ソ連初の大陸間弾道弾を完成。特にフルシチョフ時代はソ連宇宙開発の指導的地位にあり,世界にさきがけボストークソユーズなど有人の人工衛星の打上げに成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コロリョフの関連キーワード児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android