コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンス2世 コンスタンスにせいConstans II Pogonatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンス2世
コンスタンスにせい
Constans II Pogonatus

[生]630.11.7. コンスタンチノープル
[没]668.9.15. シラクーザ
ビザンチン皇帝(在位 641~668)。641年,父コンスタンチヌス3世,叔父ヘラクレオナスとその母マルチナが短期間在位したのち,元老院により 11歳で皇帝に選出された。後年その美しい髯(ほおひげ)のため顎髯王(がくぜんおう)Pogonatusと呼ばれた。642~654年にイスラムの侵略によりアフリカ,小アジア(→アナトリア),キプロスロドス島などがビザンチン帝国から失われてゆき,659年に和平条約も締結されたが,東地中海での制海権は大きくゆらいだ。キリストの人性と神性に関する論争を調停するために,648年勅令チュポスを発布したが,教皇マルチヌス1世と対立,655年に教皇をクリミアケルソンに流刑にした。アテネ,ローマと旅行したあと,663年シチリア島シラクーザ仮宮を置き,イスラムの攻撃に対する基地とするため遷都を考えたが,侍従に浴室で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンス2世の関連キーワードコンスタンティノス(4世)コンスタンチヌス4世エウゲニウス1世ウィタリアヌスヘラクリウス朝マクシモス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android