コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンス2世 コンスタンスにせいConstans II Pogonatus

1件 の用語解説(コンスタンス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンス2世
コンスタンスにせい
Constans II Pogonatus

[生]630. コンスタンチノープル
[没]668.9.15. シラクサ
ビザンチン皇帝 (在位 641~668) 。父コンスタンチヌス3世,叔父ヘラクレオナスとその母マルチナの短期間の在位 (641) 後,元老院により 11歳で皇帝に選出された。後年その美髯のため「顎髯 (がくぜん) 王」 Pogonatusと呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンス2世の関連キーワード池田泰子岡山瞳突厥(とっけつ)カタルーニャ自治州(西)欧州審議会欧州評議会天下り構造改革特区地域再生計画イタリア総選挙

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone