コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドス島 ロドスとうNísos Ródhos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロドス島
ロドスとう
Nísos Ródhos

古代ギリシア語ではロドス Rodos。ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島最大の島。エーゲ海の南東を限り,トルコの南西岸沖に位置する。北東-南西方向に延びる細長い島で,中央部を島の方向に沿って山地・丘陵地帯が連なる。最高峰アタビロス山 (1215m) 。北東端に中心都市ロドスがある。クレタ (ミノア) 文明期にはクレタ島の勢力下にあったと思われるが,のち後期青銅器文化をもつ強力な独立王国となった。前 1100~1000年頃おもにアルゴス方面のドーリス人が侵入,リンドス,カミロスなどの都市を建設,地中海各地と交易し,繁栄。古典期にはアテネ,スパルタ,ペルシアなどの強国の影響下におかれたが,彫刻,絵画,雄弁術などの中心地として発展。ヘレニズム時代には地中海貿易,ヘレニズム文化の中心地として栄えた。その後ローマの小アジア進出に伴って衰退。 1309年ヨハネ騎士修道会に支配され,全島が堅固な要塞と化し,ほぼ2世紀にわたってオスマン帝国が支配する西地中海のヨーロッパ側橋頭堡であり続けた。 1522年オスマン帝国軍との壮絶な籠城戦ののち降伏,その後 1912年イタリアに占領されるまでオスマン帝国領。 47年ギリシア領。現在,赤ワイン,穀類,イチジク,ザクロ,オレンジなどを産するが,経済の主柱は観光業で,クレタ島やアテネと並んで,年間を通して多数の観光客が訪れる。面積 1398km2。人口8万 7831 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロドス‐とう〔‐タウ〕【ロドス島】

RodosΡόδος》⇒ロードス島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ロドス島の関連キーワードバルバロス・ハイレッディン・パシャディオニュシオス[トラキアの]アポロニオス[ロドスの]アメディオ マイウーリメムノン[ロドスの]アポロニオス(詩人)コンスタンス2世ミトラダテス3世ミトラダテス6世カステロリゾン島メンテシェ侯国デイノクラテスハゲサンドロスパナイティオスアッチカ陶器プロトゲネスカルパソス島ドーリス方言アタノドロスギリシア文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android