コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラクーザ シラクーザ Siracusa

3件 の用語解説(シラクーザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラクーザ
シラクーザ
Siracusa

イタリア南西部,シチリアシラクーザ県の県都,港湾都市。古代名シラクサイ Syrakusai (ギリシア語) ,シラクサ Siracusa (英語) 。シチリア島東岸,カタニア南南東約 57kmに位置し,対岸に浮かぶ島を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シラクーザ(Siracusa)

シラクサ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラクーザ
しらくーざ
Siracusa

イタリア、シチリア島南東部、シラクーザ県の県都。人口12万1000(2001国勢調査速報値)。イオニア海に臨み、天然の良港ポルト・グランデPorto Grandeをもつ商工業・港湾都市。小島オルティジアを中心に発達してきたが、19世紀後半以降、橋で結ばれている本島に新市街が形成された。第二次世界大戦後、北方のアウグスタに至る海岸は、石油化学工業を中心とした南部イタリア有数の工業地帯となった。また観光地としても有名で、考古学地域にあるギリシアの劇場(前5世紀)やローマ円形劇場(後3世紀)、旧市街にある大聖堂(7世紀)、国立考古学博物館などが名高い。[堺 憲一]

歴史

紀元前734年ごろコリントのアルキアスが建設したと伝えられる。ギリシア人が先住民を隷農とし、貴族政をとって前6世紀には各地に植民市をつくるほど発展した。一時民主政となったが、ゲロンGelon(前540ころ―前478)が僭主(せんしゅ)となり、その弟ヒエロンHieron(在位前478~前467)のときにはイタリア本土にも進出して多くの都市を支配した。宮廷にはアイスキロスらも招かれてギリシア文化の導入が盛んに行われた。ヒエロンの死後ふたたび民主政となり、ペタリモスというオストラキスモスに似た制度ができた。ペロポネソス戦争時のアテネ軍侵入に際しては激しく抵抗し、これを壊走せしめた(前412)。前406年ディオニシオス1世が僭主となり、対外支配力を強めたがカルタゴと対立するに至った。ディオニシオス2世を放逐してカルタゴと戦ったティモレオンの活躍もあったが、しだいに不振となった。第二次ポエニ戦争ではカルタゴに味方し、ローマのマルケルスに包囲されて敗れた。このときアルキメデスが防衛戦に活躍した。その後はローマ支配下の都市として存続し、中世まで港としての重要性を保った。9世紀にはイスラム教徒に支配され、のちノルマン人、スペインに次々と服したすえ、1861年イタリア王国に統合された。アフリカ方面への出港地として重要な役割を果たし、第二次世界大戦では連合国軍の空襲目標となった。[松本宣郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラクーザの関連キーワードシャッカ両シチリア王国シチリアシラクサアレトゥーザの泉オルティジア島シラクサ大聖堂パンタリカジェーラシラクーザとパンタリカの岩壁墓地遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone