コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス・アフリカヌス コンスタンチヌス・アフリカヌス Constantinus Africanus

1件 の用語解説(コンスタンチヌス・アフリカヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス・アフリカヌス
コンスタンチヌス・アフリカヌス
Constantinus Africanus

[生]1015/1020頃.カルタゴ/シチリア
[没]1087. モンテカシノ
中世の医師で,アフリカヌスの名は出生地による。アラビア医学の重要文献を初めてラテン語に訳した業績で知られている。若くして医師となり,バビロニアインドエチオピアエジプト各地を 30~40年間放浪,東洋語にもアラビアの文献にも詳しかったが,魔術師として追われてイタリアサレルノに行き,やがてモンテカシノ修道院の修道士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスタンチヌス・アフリカヌスの関連キーワードカルタ会カルタ取り天正カルタ犬棒カルタカルタ箱トフェカルタージュビュルサカルタスカルタゴ会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone