コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス・アフリカヌス Constantinus Africanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス・アフリカヌス
Constantinus Africanus

[生]1015/1020頃.カルタゴ/シチリア
[没]1087. モンテカシノ
中世の医師で,アフリカヌスの名は出生地による。アラビア医学の重要文献を初めてラテン語に訳した業績で知られている。若くして医師となり,バビロニア,インド,エチオピア,エジプト各地を 30~40年間放浪,東洋語にもアラビアの文献にも詳しかったが,魔術師として追われてイタリアのサレルノに行き,やがてモンテカシノ修道院の修道士となった。院長の知遇を受け,1070年頃以降はギリシアとアラビアの医学書のラテン語訳に専念,アラビア語からの重訳であるが,ヒポクラテス文献やガレノスの医術論を中世ヨーロッパに紹介している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチヌス・アフリカヌスの関連キーワードVladimirウラジーミル[大公]ウラジーミルウラジーミル1世(聖公)SI接頭語育種宮内庁ペタペタバイトペビバイト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android