コンスタンチヌス10世(読み)コンスタンチヌスじっせい(英語表記)Constantinus X Ducas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス10世
コンスタンチヌスじっせい
Constantinus X Ducas

[生]?
[没]1067.5.
ビザンチン皇帝 (在位 1059~67) 。イサキウス1世の退位後,文人政治家 M.プセロスの庇護により登位。都市貴族の一員として反軍国主義を唱え,軍備を怠った。そのためバルカン半島ではマジャール人,ウツェン族に,小アジアではセルジューク・トルコに侵入を許し,帝国に危機を招いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android