コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチネント コンチネント Kontinent

2件 の用語解説(コンチネントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチネント
コンチネント
Kontinent

1974年秋に西ドイツで創刊されたロシア語総合雑誌。編集長にソ連から亡命した作家 V.マクシーモフが就任した。編集委員にはルーマニア出身のフランスの劇作家 E.イヨネスコイタリアの I.シローネ,ソ連出身の亡命作家 A.シニャフスキーユーゴスラビアの党活動家ミロバン・ジラス,ソ連の科学者 A.サハロフらが参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンチネント
こんちねんと
Континент Kontinent

ロシアの文芸季刊誌。亡命ロシア作家たちによって1974年に創刊され、92年までパリに編集部を置いた。それまで、編集長は一貫して作家のウラジーミル・マクシーモフであった。「文学、社会・政治、宗教雑誌」という副題を掲げ、「宗教的理想主義、反全体主義民主主義無党派性」を編集の原則とした。「大陸」を意味する誌名は、「ソ連・東欧全体が全体主義に支配される一つの巨大な大陸であり」「それに対抗して、反全体主義の勢力を結集し、もう一つの大陸をつくりださねばならない」という認識に由来する。ソルジェニツィンシニャフスキー、ヨシフ・ブロツキーなども寄稿し、70年代以降旧ソ連を出たいわゆる「第三次亡命世代」の中心的雑誌であったが、92年からは編集部をモスクワに移し、ロシア国内の文芸誌として再出発した。[沼野充義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンチネントの関連キーワードドイツ連邦共和国西ドイツベルゲングリューンドイツ基本法ドイツ鯉統一ドイツ南ドイツ新聞フランクフルター・アルゲマイネ銅フタロシアニン西ドイツ・マルク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンチネントの関連情報