コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドラチエフの波 コンドラチエフのなみ

百科事典マイペディアの解説

コンドラチエフの波【コンドラチエフのなみ】

資本主義経済にみられる平均50年を周期とする長期の景気循環波動。ソ連の経済学者コンドラチエフN.D.Kondrat'evが1920年代に主張。英国,フランス,米国などの卸売物価指数,公債価格,賃金率,輸出入額,石炭生産量,銑鉄生産量などを分析し,この波動の存在を指摘した。今までに英国の産業革命(1780年代末から1850年代初め),鉄鋼業や鉄道の発展(1850年代初めから1890年代),電力・化学・自動車の出現(1890年代から1920年代頃)によって始まる三つの波があったとしている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android