コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドリュール コンドリュール chondrule

翻訳|chondrule

2件 の用語解説(コンドリュールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンドリュール
コンドリュール
chondrule

石質隕石中に見出される直径 0.1~10mm程度の球状の物体。これを含む石質隕石コンドライト呼ばれる。おもに橄欖石,輝石などの鉱物から成るが,ガラス質のものもある。一見したところコンドリュールは溶けたケイ酸塩が急冷して生じたもののようにみえるが,真の成因はよくわかっていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コンドリュール(chondrule)

《「コンドルール」とも》隕石の多くに含まれる、直径2~10ミリメートル程度の球状粒子。融点以上から急激に冷却されたケイ酸塩鉱物からなる。石質隕石のうち、コンドリュールを含むものをコンドライト、含まないものをエイコンドライトという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコンドリュールの言及

【コンドライト】より

…0.05~5mmほどの大きさの球状物質(コンドルール。コンドリュールとも表記され,球粒という)を含む隕石。球粒隕石ともいう。…

※「コンドリュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンドリュールの関連キーワードエイコンドライト石質隕石トロイライト普通コンドライト親見出しプライアーの法則(隕石)エコンドライトコーエナイトシュライバサイトテーナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone