コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドリュール コンドリュールchondrule

翻訳|chondrule

2件 の用語解説(コンドリュールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンドリュール
chondrule

石質隕石中に見出される直径 0.1~10mm程度の球状の物体。これを含む石質隕石コンドライト呼ばれる。おもに橄欖石,輝石などの鉱物から成るが,ガラス質のものもある。一見したところコンドリュールは溶けたケイ酸塩が急冷して生じたもののようにみえるが,真の成因はよくわかっていない。コンドリュールの語源はギリシア語の穀粒を意味するコンドロスにちなんだもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンドリュール(chondrule)

《「コンドルール」とも》隕石の多くに含まれる、直径2~10ミリメートル程度の球状粒子。融点以上から急激に冷却されたケイ酸塩鉱物からなる。石質隕石のうち、コンドリュールを含むものをコンドライト、含まないものをエイコンドライトという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコンドリュールの言及

【コンドライト】より

…0.05~5mmほどの大きさの球状物質(コンドルール。コンドリュールとも表記され,球粒という)を含む隕石。球粒隕石ともいう。…

※「コンドリュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone