コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールサック

2件 の用語解説(コールサックの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コールサック

みなみじゅうじ座にある暗黒星雲。石炭袋とも。はくちょう座(北十字)にある暗黒星雲をコールサックと呼ぶこともあり,区別するときは,みなみじゅうじ座のものを〈南のコールサック〉,はくちょう座のものを〈北のコールサック〉という。
→関連項目暗黒星雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コールサック【Coalsack dark cloud】

みなみじゅうじ座にある暗黒星雲。石炭袋とも呼ばれる星間空間には一辺100mの箱の中に平均1個程度の星間塵がある。その大きさは0.1μm程度である。星間塵の密度が高くなると,後の星の光を弱めて隠してしまう場合がある。そのような場合を暗黒星雲と呼んでいる。コールサックでは,中央部では20等級以上の減光をするので,星はまったく見えない。このような高密度のところでは,10Kという低温で星間分子が多く観測されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコールサックの言及

【星間物質】より

…〈ダスト雲〉と呼ばれるが,〈暗黒星雲〉というもっと神秘的な名まえもある。その形から〈馬頭星雲〉とか〈コールサック(石炭袋)〉といったおもしろい名まえがついている。このようなとくに星間塵の多いところでないふつうの星間ガスの中にも星間塵は存在し,空間赤化や星間吸収から,1辺が100mの立方体の中に大きさ0.1μmほどの星間塵が1個程度あることが知られているが,星間塵の化学組成を推定するのは困難である。…

※「コールサック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コールサックの関連キーワード網状星雲暗黒星雲星雲馬頭星雲南十字星銀河系内星雲なみなみ薔薇星雲南十字座黄道十二星座

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コールサックの関連情報