コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コール・ローン コールローン

百科事典マイペディアの解説

コール・ローン

コール市場の資金を貸手から見てコール・ローン,借手からみてコール・マネーという。コール取引には有担保と1985年に導入された無担保があり,有担保の期間は無条件物(原則として取引翌日に決済されるが,その時点まで取引当事者の一方から回収または返金の通告がない場合には自動的に継続される)および2日物から6日物がある。
→関連項目銀行公社債投資信託支払準備金短期金融市場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のコール・ローンの言及

【コール市場】より

…コール市場における取引は,すべて短資会社を相手として行われる。資金の貸手(出手)は資金(コール・ローン)を短資会社あてに放出し,借手(取手)は資金(コール・マネー)を短資会社から取り入れるのであり,短資会社はこの間の出合いを自己勘定でつけている。 日本には資金偏在といわれる現象が存在し,コール市場において,都市銀行が取手となり,都市銀行以外の金融機関が出手となるというパターンが固定化してきたという特色がみられる(〈資金ポジション〉の項参照)。…

【コール・レート】より

…銀行間どうしの資金過不足の調整の場であるコール市場で成立する貸借(出し手からみた場合コール・ローン,取り手からみた場合コール・マネーという)の金利をいい,刻みは1/16%。通常は資金の出し手(=運用者)の金利で表示されるが,取り手(=調達者)の金利はそれに短資マージンに相当する1/16%を加えたものとなっている(ただし短資業者はコール資金のディーリングを行っているのでこの1/16%は確定マージンではない)。…

※「コール・ローン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コール・ローンの関連キーワードキャッシュポジションコール(金融用語)コール・レート資金ポジション臨時金利調整法コール・レートインカムゲインコールローン農林中央金庫国際資本移動コールレート支払準備率純資産総額収益資産運用資産在外資金資金偏在貸出し

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android