コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コール天 コールてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コール天
コールてん

英語のコーデュロイ corduroyの転訛語で,本来,フランス語のコルド・デュ・ロア corde du roiから出た名称。パイルで縦うねを表わした織物。うね幅は通常2~3mmで,ほかに種々の幅がある。繊維は綿で,地組織は平織,綾織。用途は,婦人子供服,背広上衣,ズボン,足袋,椅子張地など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コール‐てん【コール天】

《corded velveteen(畝(うね)織りのビロードの意)からか。「天」は「天鵞絨(ビロード)」の略》「コーデュロイ」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コール天【コールてん】

コーデュロイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

コールてん【コール天】

〔corded(うね織りの)と「天鵞絨ビロード」を合成した語とも、corded velveteen の略ともいう〕
コーデュロイ に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コール天
こーるてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコール天の言及

【コーデュロイ】より

…一説によればフランス語のcorde du roi(王様の畝)に由来し,城の番人にこの織物の服を着せたことからこの名がついたといわれるが,フランスにはなく,イギリスで18世紀末から作られていたとする説もある。日本では明治末期に作られ,ビロード(天鵞絨)に似たところからコール天とよんだ。コール天には畝のあるものと,一般に広く用いられるものに平地コール天,上等なものに綾コール天などもある。…

※「コール天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コール天の関連キーワードパイル織り・パイル織ブリーチアウト静岡県磐田市ファスチャン磐田[市]磐田(市)寺田 市十福田[町]パイル織寺田市十天鵝絨輪奈織福田地紋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コール天の関連情報