コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンハイム コーンハイム Cohnheim, Julius Friedrich

2件 の用語解説(コーンハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンハイム
コーンハイム
Cohnheim, Julius Friedrich

[生]1839.7.20. デミン
[没]1884.8.15. ライプチヒ
ドイツ病理学者実験病理学の先駆者。キールブレスラウ,ライプチヒ各大学教授を歴任した。凍結切片作成法や鍍銀法を組織切片検査に採用し,顕微鏡使用法で多くの有用な改良をなしとげた。 1867年から 73年にわたって発表した諸論文で,炎症は白血球毛細血管の壁を通って外へ出ることに起因し,その白血球の分解したものが膿となることを証明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンハイム
こーんはいむ
Julius Friedrich Cohnheim
(1839―1884)

ドイツの病理学者。ベルリン大学ウィルヒョーの助手を務め、のちキール大学、ブレスラウ大学、ライプツィヒ大学の教授を歴任した。「炎症と化膿(かのう)について」(1867)、「炎症に関する新研究」(1873)などを発表し、膿球が血流中にあった白血球の逸出によること、血管なしに炎症のないことを証明した。この説は、炎症が細胞の刺激から変性に至る過程と考えたウィルヒョーの説に反対することとなった。コーンハイムの『病理学総論』Vorlesungen ber allgemeine Pathologie(1877~1880)は優れた著作で、英語訳、フランス語訳された。また腫瘍(しゅよう)の原因として、有名なコーンハイム迷芽説がある。彼は痛風のため長く患い、壮年で死去した。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンハイムの関連キーワードデミング賞デミングアミノ糖みんみん蝉NアセチルガラクトサミンNアセチルキトサミンNアセチルDグルコサミンNアセチルノイラミン酸Nアセチルムラミン酸ビタミンK2

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone