コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンハイム Cohnheim, Julius Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンハイム
Cohnheim, Julius Friedrich

[生]1839.7.20. デミン
[没]1884.8.15. ライプチヒ
ドイツの病理学者。実験病理学の先駆者。キール,ブレスラウ,ライプチヒ各大学教授を歴任した。凍結切片作成法や鍍銀法を組織切片検査に採用し,顕微鏡使用法で多くの有用な改良をなしとげた。 1867年から 73年にわたって発表した諸論文で,炎症は白血球が毛細血管の壁を通って外へ出ることに起因し,その白血球の分解したものが膿となることを証明した。また癌の成因を正常組織に迷入した胚芽の残遺からとする「コーンハイムの迷芽説」でも有名。主著『一般病理学講義』 Vorlesungen über allgemeine Pathologie (1878) は,病理学の講義方法を改革したもので,19世紀の標準的教科書となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンハイム
こーんはいむ
Julius Friedrich Cohnheim
(1839―1884)

ドイツの病理学者。ベルリン大学でウィルヒョーの助手を務め、のちキール大学、ブレスラウ大学、ライプツィヒ大学の教授を歴任した。「炎症と化膿(かのう)について」(1867)、「炎症に関する新研究」(1873)などを発表し、膿球が血流中にあった白血球の逸出によること、血管なしに炎症のないことを証明した。この説は、炎症が細胞の刺激から変性に至る過程と考えたウィルヒョーの説に反対することとなった。コーンハイムの『病理学総論』Vorlesungen ber allgemeine Pathologie(1877~1880)は優れた著作で、英語訳、フランス語訳された。また腫瘍(しゅよう)の原因として、有名なコーンハイム迷芽説がある。彼は痛風のため長く患い、壮年で死去した。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コーンハイムの関連キーワード7月20日

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android