コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴシキエビ Panulirus versicolor; painted spiny lobster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴシキエビ
Panulirus versicolor; painted spiny lobster

軟甲綱十脚目イセエビ科。体長 30cmをこえる。体色は緑がかった紫青色で,頭胸甲,腹部に白色の縞模様があり,各胸脚には 4条の紫青色線が走る。第2触角の基部は橙赤色。奄美大島以南,南太平洋,インド洋に広く分布するが,房総半島付近でも子エビがみられることがある。イセエビ類中最も美しいが,味は劣る。琉球列島では食用にするよりも乾燥させて飾り物に加工,販売するほうが多い。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴシキエビ
ごしきえび / 五色海老
painted spiny lobster
[学]Panulirus versicolor

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イセエビ科に属する美しいエビ。房総半島沿岸から南太平洋、インド洋まで広く分布する。体色は紫青色で、白色の不規則な縞(しま)模様があり、胸脚(きょうきゃく)には4本の白色縦線がある。頭胸甲には多数の棘(とげ)と1対の大きな前額棘(ぜんがっきょく)がある。前額板(触角節)には2対の大きな棘があり、第2触角の基部には発音器がある。腹部の背面には横溝はない。暖海性の外洋種で、沖縄諸島でもあまり多くない。北限の房総半島では体長5センチメートルほどの幼個体は得られるが、成体にはならない。体長35センチメートルに達するが、個体数が少ないうえに味も劣るため、乾燥して飾り物にすることが多い。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴシキエビの言及

【イセエビ(伊勢海老)】より

… 日本南部にはイセエビにごく近縁のケブカイセエビP.homarusカノコイセエビP.longipesも分布しているが,腹部に白色の小点が多数ある。また,ゴシキエビP.versicolor,ニシキエビP.ornatus(イラスト),シマイセエビP.penicillatusは色彩が異なる。いずれもイセエビより味が劣り,市場価値は低い。…

【ニシキエビ(錦海老)】より

…腹部の各節には幅広い紫褐色の横縞があり,側方には斜め外方に走る2対の黄白色斑がある。各腹節の背面にはイセエビのような横溝がなく,また,前額板(触角節)に2対のとげがある点などゴシキエビP.versicolorに近い。貝やゴカイなどを捕食する。…

※「ゴシキエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴシキエビの関連キーワード前額甲類

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android