コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴソン ゴソンGosson, Stephen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴソン
Gosson, Stephen

[生]1554. カンタベリー
[没]1624.2.13. ロンドン
イギリスの作家,牧師。 1576年オックスフォード大学を卒業後,ロンドンに出て戯曲 (現存しない) を書き,牧歌劇にすぐれるとの評判をとったが,ペストの発生中に聞いた説教に感動して演劇を捨て,79年に詩人と劇場を攻撃した風刺文『悪弊の学校』 Schoole of Abuseを出版,P.シドニーに献じ,後者による『詩の弁護』を誘発した。同年ゴソンはさらに自己弁護の論を書き,また T.ロッジの反論に対する駁論を出したが,これらは憤激した道徳家の面とともに,J.リリーばりの技巧にたけた修辞家ぶりを示している。 84年以後,聖職につく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴソンの関連キーワードコックス寛永ブリルソテロ福島正則オスロ歌舞伎年代記佐渡金山東海道二条城

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone